探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-む-


武蔵野次郎(むさしの・じろう)

本名富永真平。1921年(大10)、福岡生まれ。早稲田大学法学部卒。
1957年(昭32)、富永新平名義で「風信」に評論「いろは骨牌」を発表。
1959年(昭34)、評論「大衆文学の招待」を発表。
1962年(昭37)、真鍋元之、尾崎秀樹等と大衆文学研究会を設立。
1964年(昭39)に「文芸朝日」に発表した「切腹一分前」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和39年度」に収録される。
1964年(昭39)に「小説倶楽部」に発表した「いぬ侍」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和40年度」に収録される。
1966年(昭41)に「読切文庫」に発表した「多摩の剣客」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和41年度」に収録される。
1997年(平9)、食道静脈瘤破裂のため死去。

幻影城掲載誌:7/10/18/27/29/幻影城評論研究叢書/


村岡圭三(むらおか・けいぞう)

1936年(昭11)、秋田生まれ。日本大学文学部卒。
1976年(昭51)、「幻影城」第一回新人賞小説部門に「乾谷」が入選。

幻影城掲載誌:15/17/24/29/30/43/


村上信彦(むらかみ・のぶひこ)

1909年(明42)、東京生まれ。父は大衆小説作家の村上浪六。服飾研究家として知られ、戦前には「音高く流れぬ」などの小説を発表。
1950年(昭25)、木々高太郎の推薦により、「探偵実話」に「青衣の画像」を発表。 1977年(昭52)、「高群逸枝と柳田国男」により、第三十一回毎日出版文化賞を受賞。
1982年(昭57)、死去。

幻影城掲載誌:10/


村田等(むらた・ひとし)

1909年(明42)生まれ。大阪毎日新聞勤務後、海軍に食品を納品する会社を創立。
1929年(昭4)、第五回サンデー毎日大衆文芸募集に「山脇京」が乙種(50枚短編)入選。
1996年(平8)死去。

幻影城掲載誌:36/

雑文:継続の価値−幻の作家 村田等氏のこと−

村田等氏のお孫様が運営するサイト:「MURATA is」の「Eevidence」という頁にある「隔世遺伝」で思い出を記述


戻る進む